息子の状態

この暑さの汗などの影響で息子の状態が急にまた悪くなり体の炎症も酷かったので、東洋医学を取り入れた皮膚科を受診したいと思い食事療法の指導を受けた方に紹介して頂いた漢方医のところへ行ってきました。外科と内科も併設してあり、ホリステック医療も謳っている大きな病院でした。診察では炎症のため細菌感染を起こしているところの対処で一時的に抗生剤の点滴をし、漢方薬と炎症を抑える塗薬を全身に塗布し徐々に量を減らしていく治療法を行っていこうということになりました。細菌感染を起こしてしまってはこの先、体の色々なところがもっと悪くなるので、そこはちゃんとした治療が必要となり、3日間の点滴に通うことになりました。まずは本人が楽になることだと言われ、涙が出そうになりましたが、ぐっとこらえました。先生も息子の我慢を感じて泣いていました。私の一途な気持ちが息子に無理をさせていたとしたら本当に申し訳ないと思いながらも、「あなたよりもっと酷い症状でもちゃんと完治してる子がいるから私に預けてみて」という先生の言葉を信用して息子と一緒に少しほっとして診察を終えて帰ってきました。

今の私にできることはこの状況さえも全部がよくなる為の一つの過程だとありがたく思うことだと感じています。

Comments are closed.