豊かであることの前に

豊かであることの前に

 

少しでも子ども達の心が豊かになる為に私のできることを考えています。やはり、毎日の食事と日常生活をなるべく規則正しく行うこと。家の中は生活感が溢れていても掃除が行き賭どいており、何となく整っている。なるべく窓を開けて外の風を感じること。そしてなによりも私の心が安定いていること。忙しくても淡々とした生活が常にできることが私の理想なのです。そのなかで生まれる安心感が子どもの心を豊かにする土台みたいなものになるとおもいます。暮らしていく途中で様々な出来事があったとしてもそこがしっかりしていれば、子ども達はすぐにそこに戻ることができます。そうあれば私もうれしいのです。まずは私が落ちていることそれが一番の私の出来ることなのです。もう少しかなと思えば、まだまだだと思ったり、やっぱり無理だと落胆したり、なかなかなりたい自分に近づけないジレンマと戦いながら、思うことは、私たちは守られているということ。。。なにかの変な宗教に聞こえるかもしれませんが、なんの信仰もありません(汗)。万が一それが信仰ならば、自分にという信仰。。。何か見えないものによってしっかりと守られているという感覚をもっていると私はそれで安心できるのです。たとえ何にかが起きてもそこに返るのです。そしてなるべくしてなっているということ。何も怖いものはないよ・・・と言いきかせるのです。

「遺産分割協議書」を作成するならこちら